photo: Takaaki Koshiba
photo: Takaaki Koshiba

               

川上典李子

 

Noriko Kawakami

 

 

1986年 株式会社アクシス入社、企画部に所属しデザイン誌「AXIS」編集に関わる。1994年独立、1996年までドムスアカデミー リサーチセンター 日伊デザインプロジェクトにエディトリアルディレクターとして参加。

 

1994年より、デザインジャーナリストとして「AXIS」「ART AUREA」など国内外のデザイン誌や新聞に寄稿。「VOGUE Japan」「Figaro Japon」「pen」をはじめとする一般誌でもデザイン、アート、作家取材の記事を中心に執筆している。

 

おもな著書に、『リアライジング・デザイン』(TOTO出版)。共著に『JAPON JAPONISMES』(パリ装飾美術館)、『le design』((Beaux Arts)、『ニッポン・プロダクト』(美術出版社)、『ウラからのぞけばオモテが見える』(nendo 佐藤オオキ氏との共著、日経BP社)等。『石本藤雄の布と陶』(パイ・インターナショナル)など、デザイナー、アーティストの作品集における執筆、寄稿も多数。

令和 4年度版 高等学校用芸術科教科書「美術1」、令和 3年度版 中学校教科書「美術1」「美術2・3」編集委員(光村図書出版)。

 

デザイン施設「21_21 DESIGN SIGHT」(東京)に開館前の企画準備より参加し、2007年開館時よりアソシエイトディレクター、現在に至る。

 

同館以外でも、国際交流基金主催・共催の展覧会キュレーションに関わる。2018年  パリ装飾美術館「Japon Japonismes. Objets inspirés, 1867-2018」(「ジャポニスムの150年」展)ゲストキュレーター。

2016年 「London Design Biennale 2016」日本公式展示アドバイザリー・コミッティー、同展での鈴木康広氏個展のキュレトリアル・アドバイザー。2011年「WA:現代日本のデザインと調和の精神」(6か国開催)、「Japanese Design 100」(2014年、各国巡回中)を共同キュレーション。

 

武蔵野美術大学 工芸工業デザイン学科  客員教授

武蔵野美術大学 空間演出デザイン学科  非常勤講師

長岡造形大学 視覚デザイン学科  非常勤講師

桑沢デザイン研究所 デザイン学デザイン概論   非常勤講師

(上記、2022年度現在)

 

特別講師歴に、東京都立大学 大学院システムデザイン研究科 、

桑沢デザイン研究所 ビジュアルデザイン専攻 ほか

 

多摩美術大学 理事

公益財団法人 三宅一生デザイン文化財団 評議員

財団法人 東京都歴史文化財団 トーキョーアーツアンドスペース 外部評価委員会 委員

 

近年の審査員 ・ 選考委員 /  2020年度以降:

グッドデザイン賞 審査委員(2017年  –  2020年、2022年)

ジェームズ・ダイソン財団主催  Jams Dyson Award 審査員 (2018年 より)

第13回 世界ポスタートリエンナーレトヤマ 2021 一次審査 審査員(2021年)

TOKYO MIDTOWN AWARD アートコンペ 審査員(2016年  –  2020年) 

第14回  shiseido art egg 賞 審査員(2020年)

第31回  公募2020 日本ジュエリー展  招待審査員(2020年)

東京2020 アートポスター  アーティスト選定委員会委員

 

日本建築学会 会員、日本デザイン学会 会員

 


 □  近況 

 

2022年

 

21_21 DESIGN SIGHTでは、2022年6月13日より「クリストとジャンヌ=クロード  “包まれた凱旋門”」を開催します。2023年2月12日までの開催です

 

2022年度は、「2022年度グッドデザイン賞」(ユニット5 生活家電)審査委員、

ジェームズダイソン財団主催「James Dyson Award  2022」日本ステージ 審査員を務めます

 

Maison & Objet Paris「2022 The Rising Talent Awards Japan」選考委員。アワード受賞者の作品展示が2022年3月、パリのMaison & Objet Paris会場にて行われました。詳細情報

 

3月開催 日本経済新聞社「日経メッセ」セミナーに、株式会社細尾 代表取締役社長 細尾真孝氏と登壇しました

 

 

2021年

 

「10 eme Festival de l'histoire de l'art(第10回 国際美術史フェスティバル)」。フランス国立美術史研究所主催、フォンテーヌブロー宮殿にて6月4日 – 66日開催。川上典李子は京都 ヴィラ九条山会場よりレクチャーとラウンドテーブル・ディスカションに参加しました

 

IFFT /  インテリアライフスタイルリビング セミナー。Vitra 代表 片居木 亮氏、SIGNAL 代表 新海一朗氏、同代表 徳田純一氏と登壇しました。10月19日

 

pen」誌「pen CREATOR AWARDS 2021」審査員   Pen Online 記事

 

「横尾忠則:The Artists」展、横尾氏とアーティストのインタビューにインタビュアーでご一緒しました

横尾忠則氏 映像

石上純也氏 映像

川内倫子氏 映像

7月21日 - 10月17日、21_21 DESIGN SIGHT Gallery 3

主催:カルティエ現代美術財団、特別協力:21_21 DESIGN SIGHT。

同展に関する記事を執筆しました 記事リンク /  21_21 DESIGN SIGHT ウェブサイト

 

資生堂「花椿」誌秋冬号(No. 829)特集「LIVING ON  THIS BEAUTIFUL PLANE」にて、建築家

ビジョイ・ジェイン氏インタビューを含む記事「土から地球を考える」執筆   記事

 

資生堂「花椿」誌春夏号(No. 828)にて建築家 妹島和世氏のインタビュー記事執筆

英語版をウェブ「HANATSUBAKI」でお読みいただけます  記事

 

 

連載中

「Madame Figaro.jp」デザイン・ジャーナル 

 「pen」誌  「ART」ページ

「VOGUE」誌 「Lasting Impresson」ページ

 

 

⇨  LINK :近年執筆記事、レクチャー実績、展覧会企画 情報 リンク

   

 

 

 



- IICON DESIGN  特集記事にて取材を受けました  

- Iitala Journal  #3 寄稿

- ART AUREA 2016-1 p.50 - p.55「Otto Künzli in Japan

- Beazley Designs of the Year Catalogue

  London Design MuseumBeazley Designs of the Year」選出協力 

photo:  The James Dyson Foundation
photo: The James Dyson Foundation
A Journey Around the Neighbourhood Globe, Yasuhiro Suzuki, London Design Biennale 2016, photo: Yasuhiro Suzuki
A Journey Around the Neighbourhood Globe, Yasuhiro Suzuki, London Design Biennale 2016, photo: Yasuhiro Suzuki