川上典李子  /  Noriko Kawakami     English Profile

      

                

株式会社アクシス 企画部に1986年より1994年まで所属、デザイン誌「AXIS」編集に関わった後、独立。1994年〜1996年にはドムスアカデミー リサーチセンターの日伊デザインプロジェクトにエディトリアルディレクターとして参加。

 

「AXIS」「Graphis」「Beaux Arts」「ART AUREA」など国内外のデザイン誌や新聞のほか、「VOGUE Japan」「Figaro Japon」「pen」などの一般誌にもデザインに関する記事を中心に執筆。

 

主な著書に『リアライジング・デザイン』(TOTO出版)。共著『JAPON JAPONISMES』(パリ 装飾美術館)はじめ、『le design』(Beaux Arts)、『ニッポン・プロダクト』(美術出版社)、『ウラからのぞけばオモテが見える』(日経BP社)等。デザイナー、アーティストの作品集への寄稿多数。また最近では、令和3年度版 中学校教科書『美術1』『美術2・3』(光村図書出版)に著者者のひとりとして関わった。

 

「21_21 DESIGN SIGHT」開館前の企画準備に参加し、2007年開館時よりアソシエイトディレクター。同館以外の展覧会では、2011年「WA:現代日本のデザインと調和の精神」(6か国で開催)、「現代日本のデザイン100選/Japanese Design 100」(各国巡回中)等を共同キュレーション(共に国際交流基金主催)。

 

近年では「London Design Biennale 2016」(第1回ロンドン・デザイン・ビエンナーレ)日本公式展示アドバイザリー・コミッティーならびにキュレトリアル・アドバイザー。2018年にはパリ 装飾美術館での「Japon - Japonismes. Objets-Inspirés 1867-2018」(ジャポニスムの150年)のゲストキュレーター。

 

「グッドデザイン賞」審査委員、デザイン、アートのコンペティションでの審査員、国際的なデザイナワードでの推薦者も務める。

 

武蔵野美術大学、長岡造形大学、専門学校 桑沢デザイン研究所 非常勤講師。東京都立大学大学院 特別講師。多摩美術大学理事。

 

公益財団法人 三宅一生デザイン文化財団 評議員。財団法人 東京都歴史文化財団 トーキョーアーツアンドスペース外部評価委員会 委員。日本建築学会会員、日本社会心理学会会員、日本デザイン学会会員。

 

事業内容:取材・執筆、デザイン展覧会キュレーション、プロジェクトディレクション、大学講義・講演

http://norikokawakami.jp

 

 



 NEWS 

 

21_21 DESIGN SIGHT 「㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画」は、6月1日より再開します。9月22日までご覧いただけます。

当面は事前予約でのご来館受付となります

 

 資生堂「花椿」No.827 / 2020  Summer Autumn Issue

INTERVIEW」ページにて、吉岡徳仁さんについて執筆しました 

同誌は郵送にて入手可能です

 

台湾のデザイン誌「秋刀魚」No.26(2019年12月発行)

Good Design Award に関する特集記事で取材を受けました  p.38 - p.41

 

フィランド イッタラ社「Iittala Journal #3」2019年秋発行号に寄稿しました 

「A Tale of Two Designers」p.70 - p.75

 

イタリア「ICON  DESIGN」誌  2019年夏号で取材を受けました

 特集内記事「Japanese Next Generation」p.98 - p.101

 

「JINS Design Project #5 」Ronan & Erwan Bouroullec デザイン新コレクションに関するブックレットのテキストを担当しました。

2019年12月5日 渋谷Scramble Hallで2氏とのトークイベントにご一緒しました

 

「天と地をつなぐランドスケープ 渦展 上山良子と渦なかま」(建築家会館大ホール)関連トークイベント ファシリテーター 2019年10月23日、11月13日

詳細

 

ARMANI / CASA 「アルチザン イベント」建築家 コマタトモコさんとトーク

2019年10月26日 銀座アルマーニタワー  ARMANI / CASA 

 

AXIS LIVING MOTIFトークイベント「THE LIGHT -Sensuous Space 光の感覚的空間」オラファー エリアソンスタジオに2015年まで在籍されていたアーティストの岩間朝子さんと。 2019年10月25日 

 

ロエベ財団「LOEWE FOUNDATION Craft Prize 2019」関連イベント

2019年 6 —7月 4回連続トーク モデレーター 草月会館 詳細


「ICON DESIGN」          「Iittala Journal #3」

 

ーーーーーーーーーー

 

〔 近著から 〕

 

「ART AUREA」         Beazley Designs of the Year」Catalogue

 

 

デザイン誌(例):

「AXIS」vol.201, 2019年  p.100 - p. 105

「『問い』から社会実装を目指す、OTON GLASSとCuBoard」

 

「AXIS」 vol.190, 2017年  p.100 - p. 105

「瞬間を切り出しグラフィックに動きを与えるフィリップアペロワの試み」

 

オンラインメディア「Premium Japan」

2019年5月「Living in Japanese Senses: 内田 繁とアトリエ・オイ」

 前編   後編

2019年7月「Premium Salone: 石本藤雄を囲むアーティストたち」

 

月刊誌:「VOGUE」 Lasting Impression  連載中

 

雑誌   :「pen」

展覧会紹介ページ 連載中

近年の特集記事での執筆: 「三宅一生の仕事」「アートの値段。」

「創造の挑戦者たち No. 14 𠮷泉 聡」 、p.108-p.109

 

ウェブサイト連載: Madame Figaro.jp」デザイン・ジャーナル 

  

 

Sky Mark Airlines 機内誌「SKY FRAU on MARK !」

2019年2月号寄稿「眺めのいい本。」

  

デザイン誌「ART AUREA」(ドイツ) 2016-1,  p.50 - p.55「Otto Künzli in Japan」 Photo: Miriam Künzli 「ART AUREA」

 


 〔 展覧会企画 〕

 

 21_21 DESIGN SIGHT アソシエイトディレクター(2007年より)

 

〔 展覧会ディレクション 例]

「活動のデザイン展」共同ディレクション 2014年10月24日 – 2015年2月1日 

  紹介記事 New York Times2014年12月3日記事

 

 

デザイン展 〕  ⇨ 写真

 

ジャポニスム 2018 公式企画 パリ装飾美術館「Japon - Japonismes, Objets- Inspirés 1867 -2018」(「ジャポニスムの150年」)

2018年11月15日  – 2019年3月3日 ゲストキュレーター

11月16日 同館主催レクチャー、同館発行カタログ『Japon Japonismes寄稿

 

「London Design Biennale 2016」日本公式展示 アドバイザリーコミッティ。

鈴木康広「A Journey Around the Neighbourhood Globe」展キュレトリアル・アドバイザー 2016年9月7日 – 9月27日   Somerset House, London 

 

 新「現代日本のデザイン100選 / Japanese Design 100」共同キュレーター

アメリカ、カナダでの展示に続き各国で開催中。主催:国際交流基金 

  

「WA: 現代日本のデザインと調和の精神」共同キュレーター

 2008年パリ日本文化会館で開催後11年まで5か国開催。主催:国際交流基金 

A Journey Around the Neighbourhood Globe, Yasuhiro Suzuki, London Design Biennale 2016, photo: Yasuhiro Suzuki
A Journey Around the Neighbourhood Globe, Yasuhiro Suzuki, London Design Biennale 2016, photo: Yasuhiro Suzuki

 

 

 審査員 2019, 2020 年度 ⇨ 他年度ほか詳細情報(準備中)

 

グッドデザイン賞 審査委員  (2017年より )  

TOKYO MIDTOWN AWARD アートコンペ 審査員  (2016年より ) 

 

第14回  shiseido art egg賞 審査員(2020年)

第32回  公募日本ジュエリー展 招待審査員(2020年)

 

JAMES DYSON AWARD 審査員  (2018年より )

山形エクセレントデザイン 審査員  (2015, 17, 19年)

RYTHM 時計 デザインアワード プロダクト部門 審査員(2019年)

DESIGN MUSEUM(ロンドン)Beazley Designs of the Year」選出協力 (2018年より)   

Designboom「THE DESIGN PRIZE」選出協力

 

 

 

 講師    2019, 2020 年度

 

武蔵野美術大学 造形学部 空間演出デザイン学科 非常勤講師(2020年より)

長岡造形大学 視覚デザイン学科 表現デザイン演習 非常勤講師

専門学校 桑沢デザイン研究所 デザイン学 デザイン概論 非常勤講師

東京都立大学 大学院 システムデザイン研究科 特別講師

 

 

 インタビュー記事掲載 

 

 「をちこち」国際交流基金発行鈴木康広氏との対談記事   (日本語版)

 「Wochi Koci Magazine」(English Edition) 

 

 

〔 トーク参加(近年)

 

Japanese Design Today 100」展 

共同キュレーションを行った展覧会のタイ巡回に際してのレクチャー

Thailand Creative & Design Center, Bangkok   2019年5月26日

バンコク日本文化センター、TCDC主催

 

ASSEMBLE とのトーク  東京銀座資生堂ビル  ワードホール

資生堂ギャラリー 「アートが日常を変える 福原信三の美学  Granby Workshop: The Rules of Production Studio  Shinzo Fukuhara/ASSEMBLE, THE EUGENE Studio Ⅱ」展 関連イベント 2019年1月

 

SEOUL DESIGN FESTIVAL デザインセミナー

Seoul Coex Hall   2018年12月14日

Seoul Design Festival 主催

 

ISSEY MIYAKE PARFUMS アーティストトーク 

東京銀座資生堂ビル ワードホールにて  2018年6月 ⇨ レポート

 

デザインレクチャーおよび梁 文道氏とのトーク

 北京 CHAO ART CENTER 2018年3月10日

 北京日本文化センター、看理想主催

 

MIYAKE ISSEY展: 三宅一生の仕事」 国立新美術館

 吉岡徳仁氏、皆川魔鬼子氏トーク 2016年 ⇨ レポート 

  

Talk event at the  CHAO ART CENTER, photo: Japan Foundation
Talk event at the CHAO ART CENTER, photo: Japan Foundation
ISSEY MIYAKE PARFUMS artists talk, photo: Masaya Yoshimura
ISSEY MIYAKE PARFUMS artists talk, photo: Masaya Yoshimura