Noriko Kawakami

profiLe

川上典李子 

デザイン誌「AXIS」編集部を経て1994年に独立

デザイン分野を中心に取材・執筆を行っています。

2007年より、21_21 DESIGN SIGHT アソシエイト

ディレクターとして、3名のディレクターである

三宅一生さん、佐藤 卓さん、深澤直人さんと

デザイン展覧会の企画に関わっています。

各国での展覧会の企画にも参加しており、一例に

「Japanese Design Today 100」(巡回中)や

パリ 装飾美術館での「Japon - Japonismes, 

objets inspirés 1867 - 2018」のキュレーション、

「London Design Biennale 2016」日本公式展示

(鈴木康広氏個展)キュレトリルアドバイザー

グッドデザイン賞の審査員をはじめ、デザイン、

アート、クラフトに関するコンペティションの

審査にも多数参加しています。

 

Noriko Kawakami joined the editorial department of AXIS, Tokyo, working on AXIS magazine.

In 1994, she became an independent journalist.

Her writing covers a wide range of design-related issues.

Since 2007, Kawakami has been Associate Director of 21_21 DESIGN SIGHT, involved in co-planning of exhibitions alongside the museum’s three Directors, Issey Miyake, Taku Satoh and Naoto Fukasawa.

Other curating work includes 《 Japanese Design Today 100  (currently on world tour),

《 Japon-Japonismes, objets inspirés, 1867- 2018(Muséedes Arts Décoratifs, Paris, 2018-19) and 《 Yasuhiro Suzuki: A Journey Around the Neighbourhood Globe (London Design Biennale, 2016).  She also serves on juries of art, design and crafts prizes, including The Good Design Awards in Japan. 

Curatorial Work

デザインデザインジャーナリストとしての視点で

展覧会企画を行う機会が増えてきました。

2007年より関わる21_21 DESIGN SIGHTを始め、

国内外の美術館でのデザイン展のキュレーションに

関わっています。関連企画となるトークイベント、

レクチャーにも参加しています。

 

From her viewpoint as a journalist, Kawakami is 

engaged in the planning of domestic and overseas

design-related exhibitions including all those held

at 21_21 DESIGN SIGHT.

She appeared in panels and discussion events related

to these shows, and delivers lectures on them.

 

writings

取材、執筆では、デザイン専門誌だけでなく雑誌、

新聞にも寄稿しています。デザイナー、

アーティストの作品集にも多数寄稿しています。

 

Kawakami’s writing includes articles in 

design-related periodicals and general magazines,

as well as contributions to monographs on artists

and designers. 

 

 

最近の寄稿:

ウェブサイトマガジン「Premium Japan 

Living in Japanese Senses Vol.12019.5)

前編・後編