川上典李子  /  Noriko Kawakami     English Profile

      

 プロフィール 〕

                           

株式会社アクシスにてデザイン誌「AXIS」編集に関わり(1986年〜1994年)、独立。ジャーナリスト、エディターとしての活動を始める。1994年〜1996年にはドムスアカデミー リサーチセンターの日伊デザインプロジェクトにエディトリアルディレクターとして参加。

 

「AXIS」「Graphis」「Beaux Arts」「ART AUREA」など国内外のデザイン誌や新聞のほか、「VOGUE Japan」「Figaro Japon」「pen」等の一般誌にもデザインに関する記事を中心に執筆。

 

主な著書に『リアライジング・デザイン』(TOTO出版)。共著には、2018年発行の『JAPON JAPONISMES』(パリ 装飾美術館)はじめ、『le design』(Beaux Arts)、『ニッポン・プロダクト』(美術出版社)、『ウラからのぞけばオモテが見える』(日経BP社)等。作品集への寄稿多数。

 

「21_21 DESIGN SIGHT 」開館前の企画準備に参加し、2007年開館時よりアソシエイトディレクター。

同館以外の展覧会では、2011年「WA:現代日本のデザインと調和の精神」(6か国で開催)、「現代日本のデザイン100選/Japanese Design 100」などを共同キュレーション(共に国際交流基金主催)。

 

近年では「London Design Biennale 2016」(第1回ロンドン・デザイン・ビエンナーレ)日本公式展示アドバイザリー・コミッティーならびにキュレトリアル・アドバイザー。2018年には、パり、 装飾美術館での「Japon - Japonismes. Objets-Inspirés 1867-2018」(ジャポニスムの150年)ゲストキュレーター。

 

「グッドデザイン賞」審査委員をはじめ、デザイン、アートのコンペティションの審査員も務める。

 

公立大学法人 長岡造形大学 非常勤講師、専門学校 桑沢デザイン研究所 非常勤講師。特別講師として、首都大学東京 大学院ほか。日本建築学会会員、日本社会心理学会会員、日本デザイン学会会員。

 

事業内容:取材・執筆、デザイン展覧会キュレーション、プロジェクトディレクション、大学講義・講演

http://norikokawakami.jp

 

 



[ NEWS ]

『JAPON JAPONISMES』パリ 装飾美術館 2018年11月発行、共著、仏語

4つの題材に関して執筆しています

 

「ジャポニスム2018」事務局による展覧会のレポートが公開されました

 


21_21 DESIGN SIGHT :「ユーモア展。/ SENSE OF HUMOR」開催中

 

 

「Japanese Design Today 100」巡回展 

共同キュレーションを行った日本のデザイン展が、3月17日まで、フィンランド  ヘルシンキの National Museum of Finland にて開催されました

4月23日〜5月26日、バンコク Thailand Creative Design Centerでの開催です

 

 

Figaro.jp (フィガロジャポン 公式ウェブサイト)コラム連載中です

デザイン・ジャーナル 

 

 

SKYMARK AIRLINES 機内誌「SKY FRAU on MARK !」2月号

「長めのいい本。」旅好きセレクターとして本選出とコラムを執筆しました

 

 

ジャポニスム2018 公式企画 パリ 装飾美術館「Japon - Japonismes. Objets-Inspirés 1867-2018(ジャポニスムの150年展、2018年11月15日〜3月3日)ゲストキュレーター

オリヴィエ・ガベ館長監修。同館3フロアを用いた大規模展覧会にて、現代の若手工芸作家、工芸〜デザインプロジェクト展示を担当しました

 関連イベント:2018年11月16日、館内でのレクチャー 

 ⇨  紹介記事 The New York Times T Japan

 「le monde」

⇨ 「artscape」  

 

 

SEOUL DESIGN FESTIVALデザインセミナー

20181214日、Seoul Coex Hall にて

 

 

ーーーーーーーーーー

 

〔 近著から 〕

 

 

月刊誌:「VOGUE」LASTING IMPRESSION 連載中です

 

雑誌:「pen」特集記事にテキスト執筆でご一緒しています

    4月1日号 (No.471)特集「バウハウスを知っているか?」

    3月15日号(No.470)特集「アートの値段。」

    2月1日号(No.467)特集「三宅一生の仕事」

 

月刊誌:「Precious」 連載「美しい和の名品」 選者

第1回 2018年5月号、第6回10月号、第8回12月号、第10回 2019年2月号 )

 

月刊誌:「婦人画報」2018年 6月号「石本藤雄のしごと」に寄稿しました

 

書籍:山形季央氏編集・著『日本のグラフィックデザイン100年』、パイインターナショナル発行。人物取材、対談頁 取材・執筆

 

デザイン誌:「AXIS」 2017  vol.190(December) p.100 - p.105

「瞬間を切り出し グラフィックに動きを与えるフィリップ アペロワの試み」

 

 デザイン誌:「ART AUREA」 2016-1,  p.50 - p.55

「Otto Künzli in Japan」 Photo: Miriam Künzli  ⇨「ART AUREA

 


 〔 展覧会企画 〕

 

 21_21 DESIGN SIGHT アソシエイトディレクター(2007年~)

 

〔 展覧会ディレクション 例]

活動のデザイン展2014年10月24日 – 2015年2月1日 共同ディレクション

  紹介記事 New York Times」   2014年12月3日掲載

 

 

デザイン展 〕   写真

 

London Design Biennale 2016」日本公式展示アドバイザリーコミッティ

鈴木康広 「A Journey Around the Neighbourhood Globe」展キュレトリアル・アドバイザー、 2016年9月7日 – 9月27日  Somerset House, London にて

作品一部は「鈴木康広 始まりの庭」( 彫刻の森美術館 )でも紹介されました

 

 新「現代日本のデザイン100選 / Japanese Design 100」共同キュレーター

 2014年 ロサンゼルスで開幕後、各国巡回中です、主催:国際交流基金 

  

「WA: 現代日本のデザインと調和の精神」共同キュレーター

 2008年パリ日本文化会館で開幕、11年まで5か国開催、主催:国際交流基金 

 

 

 審査員など  (近年)⇨ 詳細

 

  グッドデザイン賞 審査委員 2017年、18年、19年

 

「Tokyo Midtown Award  2019 アートコンペ審査員

「JAMES DYSON AWARD 2019」審査員

 

「国際北陸工芸サミット」選考委員  2017年

富山デザインコンペティション 2018」審査員

「山形エクセレントデザイン 2017」審査員

 

  ロンドン DESIGN MUSEUMBeazley Designs of theYear 2018ノミネーター

 

 

 インタビュー記事、トーク参加(近年)

 

 「をちこち」(国際交流基金) 鈴木康広氏との対談

 「Wochi Koci Magazine」(English Edition ) 

 

 英国の建築家集団「ASSEMBLE」とのトーク 2019年1月

 東京銀座資生堂ビル ワードホールにて

 資生堂ギャラリー 「アートが日常を変える 福原信三の美学 Granby Workshop: The Rules of Production Studio  Shinzo Fukuhara/ASSEMBLE, THE EUGENE Studio Ⅱ」展関連イベント

 

  ISSEY MIYAKE PARFUMS アーティストトーク 

  東京銀座資生堂ビル ワードホールにて 2018年6月

  ティルサとアリス・オーボワロンのトーク レポート

 

MIYAKE ISSEY展: 三宅一生の仕事」2016年 国立新美術館

  吉岡徳仁氏、皆川魔鬼子氏トーク ⇨ レポート 

 

 デザインレクチャー、梁 文道氏とのトーク

 北京 CHAO ART CENTERにて 2018年3月10日

 北京日本文化センター、看理想共催 

CHAO ART CENTER, photo: Japan Foundation
CHAO ART CENTER, photo: Japan Foundation
A Journey Around the Neighbourhood Globe, Yasuhiro Suzuki, London Design Biennale 2016,  photo:  Yasuhiro Suzuki
A Journey Around the Neighbourhood Globe, Yasuhiro Suzuki, London Design Biennale 2016, photo: Yasuhiro Suzuki