photo: Takaaki Koshiba

川上 典李子 

Noriko Kawakami

      

                

1986年 株式会社アクシス入社、1994年まで企画部に所属し、デザイン誌「AXIS」編集に関わる。1994年に独立、1996年までドムスアカデミー リサーチセンターの日伊デザインプロジェクトにエディトリアルディレクターとして参加。

 

ジャーナリストとして、「AXIS」「ART AUREA」など国内外のデザイン誌や新聞に寄稿。「VOGUE Japan」「Figaro Japon」「pen」をはじめとする一般誌でもデザイン、アート、作家に関する記事を中心に執筆している。

 

おもな著書に、『リアライジング・デザイン』(TOTO出版)。共著に『JAPON JAPONISMES』(パリ 装飾美術館)、『le design』(Beaux Arts)、『ニッポン・プロダクト』(美術出版社)、『ウラからのぞけばオモテが見える』(日経BP社)等。

デザイナー、アーティストの作品集への寄稿も多数。

 

執筆や編集以外での活動では、デザイン施設「21_21 DESIGN SIGHT」開館前の企画準備に参加し、2007年開館時よりアソシエイトディレクターを務めている。

 

同館以外でのデザイン展では、2018年、パリ装飾美術館「Japon Japonismes. Objets inspirés, 1867-2018」(「ジャポニスムの150年」展)ゲストキュレーター。2016年、「London Design Biennale 2016」日本公式展示アドバイザリー・コミッティー、ならびにキュレトリアル・アドバイザー。ほかにも日本のデザインを広く紹介する展覧会企画として、2011年「WA:現代日本のデザインと調和の精神」(6か国開催)、「Japanese Design 100」(各国巡回中)などを共同キュレーション。いずれも国際交流基金主催。

  

グッドデザイン賞審査委員。デザイン、アート作品の審査員のほか、国際的なアワードにも審査員や推薦者として関わる。

 

令和 3年度版  中学校教科書「美術1」「美術2・3」(光村図書出版)編集委員。

武蔵野美術大学、長岡造形大学、専門学校 桑沢デザイン研究所にて非常勤講師。

東京都立大学大学院 特別講師。2020年より多摩美術大学理事。

 

公益財団法人 三宅一生デザイン文化財団 評議員。

財団法人 東京都歴史文化財団 トーキョーアーツアンドスペース 外部評価委員会 委員。

日本建築学会 会員、日本社会心理学会 会員、日本デザイン学会 会員。

 

 

事業内容:

取材・執筆、デザイン展覧会 企画、講演、大学講義

 

 



近況ご報告 

 

2021年

「10 eme Festival de l'histoire de l'art(第10回 国際美術史フェスティバル)」カンファレンス。フランス国立美術史研究所主催、フォンテーヌブロー宮殿、6月4日- 6月6日。川上典李子は京都ヴィラ九条山会場からの登壇です

 

ジェームズ・ダイソン財団主催の国際エンジニアリング・アワード「James Dyson Award」にて、今年も日本ステージの審査員を務めます

 

「世界ポスタートリエンナーレトヤマ2021」に関するトークイベントにて、佐藤 卓氏と話をします。6月13日 14:00 - 15:00配信、日本橋とやま館

 

「鈴木マサルのデザインとみんなの富山もよう — 暮らしにとけこむアート&デザイン」5月17日- 6月22日、富山県美術館 TAD Gallery。ディレクターズ・メンバーとして企画・監修に関わっています

 

資生堂「花椿」誌 2021年春夏号(vol. 828)に建築家 妹島和世氏のインタビュー記事を執筆。英語版をウェブ「HANATSUBAKI」でお読みいただけます

記事にリンク

   

東京ミッドタウン「SCENE」誌 新年号で川上典李子のインタビューを掲載いただきました

 

 

2020年

日本経済新聞社「 Nikkei Event & Seminar」取材・記事執筆、「アートを身近なインテリアに。アートとしての工芸 × 空間デザイン」記事

  

「Ginza Six  ぶらエディターズ」6月記事。吉岡徳仁さんのインスタレーション作品をはじめ館内をご案内。記事も執筆いたしました  記事

 

「東京 2020 アートポスター」アーティスト選定委員

 

「花椿」誌 2020年 vol.827  吉岡徳仁氏インタビュー記事を執筆しました

 

 

2019年

台湾のデザイン誌「秋刀魚」12月発行号 Good Design Award 特集号にて、川上典李子の取材記事を掲載いただきました。p.38 - p.41

 

イタリアのデザイン誌「ICON DESIGN」夏号で、川上典李子の取材記事を掲載いただきました。特集「Japanese Next Generation」。p.98- p.101 

 

富山県高岡市「高岡ファンな人々」でインタビュー記事を掲載いただきました。2018年北京でのトークイベントの様子も紹介いただいています 記事

 

ICON DESIGN                  Iittala Journal #3

 


近著から 

 

「ART AUREA」          Beazley Designs of the Year」Catalogue

 

 デザイン誌「AXIS」

2019年 vol.201、 p.100-p.105  「『問い』から社会実装を目指す、OTON GLASSとCuBoard」

 

「AXIS」 2017年 vol.190、 p.100 - p.105

「瞬間を切り出しグラフィックに動きを与えるフィリップ・アペロワの試み」

 

AXIS」web magazine  JIKU、2019年12月

「スズキユウリが手がけた銀座・和光のクリスマス・ウィンドウディスプレイ」

 

オンラインメディア「Premium Japan」

2019年5月内田繁とアトリエ・オイ」 前編   /   後編

2019年7石本藤雄を囲むアーティストたち」

 

日本経済新聞社 ウェブサイトでの連載

World Design Insight - 次代のデザイン発想- 

2009 -2016年

 

JINS Design Project  テキスト

  

フィランド 「Iittala Journal #3」誌   2019年秋号

「A Tale of Two Designers」p.70 - p.75(英語)

 

Sky Mark Airlines 機内誌「SKY FRAU on MARK!」

2019年2月号「眺めのいい本。」

 

ドイツ「ART AUREA」誌   2016-1,  p.50 - p.55

「Otto Künzli in Japan Photo: Miriam Künzli 

 

連載中

「VOGUE」誌「Lasting Impression」ページ

「Pen」誌   Pen Selection「ART」ページ

「Madame Figaro.jp」デザイン・ジャーナル 

 

 

 

ほかにも これまで多くの記事を寄稿しています

「Graphis」「Beaux Arts」

「芸術新潮」「日経デザイン」日本経済新聞社ウェブサイト

「和樂」「婦人画報」「Figaro Japon」「Preicious」

「ELLE DECOR」「Casa BRUTUS」「Harper's BAZAAR」

「Numero TOKYO」

  日経ビジネス別冊 「Priv.」「LORO」「mono magazine」

「SD」「デザインの現場」

「花椿」など (順不同)

 

 

 

 


展覧会企画 

 

 21_21 DESIGN SIGHT アソシエイトディレクター、2007年より

 

展覧会ディレクション例:「活動のデザイン展」共同ディレクション

2014年10月24日 – 2015年2月1日 

紹介記事 New York Times2014年12月3日記事

 

A Journey Around the Neighbourhood Globe, Yasuhiro Suzuki, London Design Biennale 2016, photo: Yasuhiro Suzuki
A Journey Around the Neighbourhood Globe, Yasuhiro Suzuki, London Design Biennale 2016, photo: Yasuhiro Suzuki

 

デザイン展   ⇨  会場写真

 

ジャポニスム 2018 公式企画 パリ装飾美術館

「Japon Japonismes. Objets inspirés, 1867 -2018」

「ジャポニスムの150年」展  2018年11月15日  – 2019年3月3日 

 ゲストキュレーター

- 11月16日 同館主催公式レクチャーに登壇しました

-  展覧会関連書籍『Japon Japonismes寄稿

 

「London Design Biennale 2016」日本公式展示アドバイザリーコミッティ

「Yasuhiro Suzuki   A Journey Around the Neighbourhood Globe」展

 キュレトリアル・アドバイザー 

 2016年9月7日 – 9月27日   Somerset House, London 

-  9月10日、館内での公式レクチャープログラムに鈴木康広氏と登壇

-  国際交流基金「をちこち」誌 鈴木康広氏との対談。日本語版 /    英語版

 

「Japanese Design 100」共同キュレーター

アメリカでの展示に始まり各国巡回中。主催:国際交流基金 

  

「WA: 現代日本のデザインと調和の精神」共同キュレーター

 2008年パリ日本文化会館、2011年まで5か国で開催。主催:国際交流基金 

 関連レクチャーに登壇しました(2008年パリ、2011年ソウル)


photo:  The James Dyson Foundation
photo: The James Dyson Foundation

 

査員(近年) ⇨ 他年度情報リンク(準備中です)

 

グッドデザイン賞 審査委員(2017, 18, 19, 20年)

Jams Dyson Award 審査員 (2018年  – )

第13回 世界ポスタートリエンナーレトヤマ 2021 一次審査 審査員

 

TOKYO MIDTOWN AWARD アートコンペ 審査員(2016年  –  2020年) 

第14回  shiseido art egg 賞 審査員(2020年)

第32回  公募日本ジュエリー展  招待審査員(2020年)

 

London Design Museum「Beazley Designs of the Year」選出協力 

Designboom「The Design Prize」選出協力  

 

 

講師   2019年以降分

 

- 武蔵野美術大学 非常勤講師 / 造形学部 空間演出デザイン学科「比較空間論」

- 長岡造形大学 非常勤講師 / 視覚デザイン学科「表現デザイン演習 Ⅱ」 

- 専門学校 桑沢デザイン研究所 非常勤講師 / 総合デザイン科 デザイン学「デザイン概論 B」、専攻デザイン科「制作の現場」

- 東京都立大学 大学院 システムデザイン研究科 特別講師 

 

 

レクチャー 、トーク   近年

 

2020

GOOD DESIGN AWARD 2020  キーノートディスカション10月31  

   

「天と地をつなぐランドスケープ 渦展 上山良子と渦なかま」関連トーク

建築家会館ほか  10月23、11月13

詳細情報

 

ARMANI / CASA   アルチザンイベント トーク10月26日

 

AXIS Living Motif  トークイベント「THE LIGHT  Sensuous Space 光の感覚的空間」10月25日

 

ロエベ財団「LOEWE FOUNDATION Craft Prize 2019」連続トークイベント

モデレーター 、6−7月、草月会館 

詳細情報

 

国際交流基金「Design Today 100」展  関連トーク 

Thailand Creative & Design Center, Bangkok  5月26日

バンコク日本文化センター、TCDC主催

 

ASSMBLE とのトーク、東京銀座資生堂ビル ワードホール

資生堂ギャラリー 「アートが日常を変える 福原信三の美学  Granby Workshop: The Rules of Production Shinzo Fukuhara/ ASSEMBLE, THE EUGENE Studio Ⅱ」展 関連イベント 1月20日

 

2018

Seoul Design Festival 主催 デザインセミナー 

ソウル Coex Hall にて 𠮷泉 聡氏と。12月14日   

 

ISSEY MIYAKE PARFUMS アーティストトーク 

東京銀座資生堂ビル ワードホール6月2日

 

日本の工芸、デザインに関するトークイベント

北京 CHAO ART CENTERにて、梁 文道氏、柳原照弘氏、島谷好徳氏と。

月10日   北京日本文化センター、看理想主催

 

2016 

「MIYAKE ISSEY展: 三宅一生の仕事」 国立新美術館

 吉岡徳仁氏、皆川魔鬼子氏と

開催レポート記事

Talk event at the  CHAO ART CENTER, Beijing, photo: Japan Foundation
Talk event at the CHAO ART CENTER, Beijing, photo: Japan Foundation
ISSEY MIYAKE PARFUMS artists talk, photo: Masaya Yoshimura
ISSEY MIYAKE PARFUMS artists talk, photo: Masaya Yoshimura